「半グレ」と呼ばれる反社会的組織のリーダーとして石垣島を拠点に活動する男性被告が4日、八重山署に解散届を提出した。現在保釈中で男性被告自らがグループの仲間10人を伴って石垣市の同署を訪れ、新城玄太組織犯罪対策課長に対し、石垣島からの撤退とグループ解散を宣誓した。

グループの解散届提出のため八重山署に向かう被告=4日、石垣市登野城

 男性被告は「地域社会の皆さまを不安に陥れ、世間をお騒がせし多大なるご迷惑を掛けたことを心よりおわび申し上げる」と謝罪。「これ以上世間を騒乱させることは本意ではない。これからは地域社会に迷惑をかけないよう生活することを誓う」と語った。新城課長は解散届を受理した。

 同被告は報道陣の取材に応じ「島の人たちが安心して生活できるよう、解散届という形で発表しようと思った」と動機を語った。

 グループは約2年前に同じ関西出身の飲食店経営者らと友好目的に組織したことがきっかけとした上で、「(導入した大阪流の客引き行為の)キャッチが非常に目立った。他店の営業の妨げになったほか、案内された店でぼったくり被害に遭ったとの訴えが警察にあった」と非を認めた。

 市美崎町で経営する4店舗は全て閉じたとし、「私も大阪に帰ります」と話した。同被告は6~9月に暴行や傷害、強要、賭博などの行為で警察に5度逮捕されている。