貿易事業を手掛ける萌(きざ)す(糸満市、後藤大輔社長)のシンガポール向けの県産鮮魚や野菜の輸出が伸びている。新型コロナウイルス感染防止対策のため、ネットスーパーで食料品を購入する人が増え、2~10月までの累計輸出額は前年比1・8倍の2160万円となった。