ゴキブリが生まれた古生代石炭紀は、昆虫や両生類とさまざまな生き物が生まれた時期である。しかしながら、古生代の終わり、生き物の95%が絶滅してしまう。3億年以上前から現代まで子孫を残しているのは、バッタ、カゲロウなどの直翅目。その一つがゴキブリだ。