沖縄県警宜野湾署の下地忠文署長は10月22日、インターネットを使った特殊詐欺の被害を防いだとして、沖縄海邦銀行大謝名支店の店頭営業グループ主任、岸本早也香さん(42)に感謝状を贈った。

下地忠文署長(右)から感謝状を受け取った沖縄海邦銀行大謝名支店の岸本早也香さん=10月22日、宜野湾署

 岸本さんはことし7月「SNSでドバイの王様と友だちになった。700万ドルをもらえる権利が当たったから、海外からお金を受け取る手続きを教えてほしい」と男性顧客に頼まれた。後日、男性が「受け取りのための手数料」を送金しようとしたことから、詐欺の可能性が高いと判断。今後の被害を防ぐため、男性の口座をいったん解約して新たに作り直した。

 贈呈式で下地署長は「特殊詐欺は悪質かつ巧妙化している。今後もご協力をお願いしたい」とあいさつ。岸本さんは「お客さまの大切な預金をお守りできるように、感度を高めたい。『おいしい話』には気を付けていただきたいです」と話した。