沖縄銀行(山城正保頭取)は6日、2021年3月期中間決算(子会社8社連結)を発表した。売上高に当たる経常収益は3・6%減の245億7100万円。新型コロナウイルス感染拡大の影響で投資信託などの対面営業が難しくなり、役務取引等利益が減ったことなどが響いた。 経常利益は1・1%増の35億5300万円。