沖縄県教育庁は6日、開邦中(南風原町)と球陽中(沖縄市)を含む県立中学校3校の来春入学の志願倍率と志願者数を発表した。開邦中は7・84倍(昨年度比0・2ポイント増)、球陽中は4・76倍(同0・28ポイント増)だった。

(資料写真)教室

 志願者数は開邦(定員80人)が昨年度より16人増の627人(男子311人、女子316人)。球陽(定員80人)は昨年度より23人増の381人(男子165人、女子216人)だった。

 うるま市の与勝緑が丘中(定員80人)は志願者数が昨年度より71人減の115人(男子54人、女子61人)で、倍率は1・44倍で昨年度を0・89ポイント下回った。

 3校の適性検査は12月5日に各校で実施される。