玉城デニー知事は6日の記者会見で、県立八重山病院の隣接地で整備している急患搬送用の暫定ヘリポートを11日から運用開始することを発表した。

県立八重山病院の隣接地で整備が進められ、11日から運用が始まる急患搬送用の暫定ヘリポート(県提供)

 石垣島周辺離島からの急患輸送で海上保安庁のヘリコプターが離着陸するヘリポートは、20メートル四方の着陸帯を持つ。同病院への搬送をスムーズに行うため接続道路も設けた。

 24時間対応で運用され、県が管理・運営する。夜間は持ち運び可能な可搬型の専用照明を同病院の警備員が設置する。総工費は約2917万円。

 県は、長期的に利用できるヘリポート整備を見据え、石垣市の土地区画整理事業の進捗(しんちょく)状況などを踏まえて関係機関と協議する。

 急患搬送用ヘリポート整備を巡っては、昨年12月まで八重山病院に近接していた真栄里ヘリポートを使っていたが、市役所新庁舎の建設工事に伴い閉鎖。片道約15分かかる新石垣空港から同病院に搬送していた。

 現地で開かれる供用開始式に出席予定の玉城知事は「八重山病院までの搬送時間の短縮が図られ、八重山圏域住民の安全・安心につながる」と強調した。