「空手の日」の10月25日、豊見城市の沖縄空手会館で奉納演武に続き「記念演武祭」が開かれた。各組織の重鎮ら4人が魂のこもった伝統の型を演武した。県内道場代表による団体演武では日頃の鍛錬の成果を披露し合い、沖縄空手の継承・発展へ決意を新たにした。主な演武を写真で紹介する。