7日午前2時23分ごろ、沖縄県宜野湾市真栄原2丁目の民家で「火が出ている」と隣人から119番通報があった。宜野湾署によると、トタン屋根の建物の母屋と離れの2棟が全焼したほか、普通乗用車の一部が燃えた。約4時間後に消防により鎮火した。

消防車

 火災発生時、母屋には男性(64)、離れにも70代男性がいたが、避難して無事だった。消防と警察が出火原因などを調査している。