沖縄タイムス+プラス ニュース

琉球ガラス支援、目標の97%に 「現代の名工」作品人気

2020年11月10日 08:47

 県琉球ガラス製造協同組合(稲嶺秀信理事長)がクラウドファンディングサイト「Link-U(リンクユー)」を活用して始まった作品の販売は9日午後8時現在、総額145万円の支援があり、目標額(150万円)の97%に達した。2020年度の「現代の名工」に選ばれた末吉清一さんの作品や県伝統工芸士の作品なども人気を集めている。

出品されている現代の名工、末吉清一さんの作品「銀河」(ぎんが)台付グラス2点セット

現代の名工に選ばれた末吉清一さん

出品されている現代の名工、末吉清一さんの作品「銀河」(ぎんが)台付グラス2点セット 現代の名工に選ばれた末吉清一さん

 RGC株式会社(琉球ガラス村)の副工場長の末吉さんの作品は、台付グラス2点セット(2万円)で、黒が基調色。星のように銀箔(ぎんぱく)を散りばめて宇宙を表現している。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売り上げが激減している琉球ガラスの工房を支援するクラウドファンディングは支援者が延べ人数で130人を超え、各工房を勇気づけるメッセージや沖縄に再訪したい思いなどがつづられている。 購入期限は13日。こちらからアクセスできる。

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間