居室の扉が壊され、がれきだらけになった廊下を歩いて、暴動は「起こるべくして起きた」と痛感した。伊良皆正夫さん(89)=那覇市=は1954年の当時、刑務官として沖縄刑務所に勤務していた。