沖縄刑務所暴動が起きた時、瀬長亀次郎氏が暴力ではなく交渉で解決するよう受刑者を説得したことは、瀬長氏の日記や刑務官の手記で明らかになっている。 日記によると、事件発生の11月7日夜は受刑者の前で「ボウ動を起こすこと自体に目標があるのではない。