那覇署は9日、那覇市牧志のバス停で面識のない女子高校生に抱き付き、無理やりキスをしたとして、自称大阪府の会社員の男(28)を強制わいせつの疑いで緊急逮捕した。調べに対して「酒に酔って覚えていない」と容疑を否認している。

(資料写真)那覇署

 逮捕容疑は9日午前7時40分ごろ、那覇市牧志のバス停で本島南部に住む10代の女子高校生に抱き付き、キスをした疑い。

 署によると、被害者は登校途中だった。バス停にいたところ、観光で訪れていた容疑者が突然、抱き付くなどの行為をし、立ち去ったという。現場にいた目撃者が警察へ通報。署が緊急配備を敷いて捜査し、現場近くの公園にいた容疑者を発見して逮捕した。