日本の経済近代化の最大の功労者、渋沢栄一が死去した。91歳。幕末に渡欧した後、大蔵省で近代的な貨幣制度や税制などの整備に尽力。