かっこいい女性を決めるコンテスト「Mrs of the Year(ミセス・オブ・ザ・イヤー)2020沖縄大会」で、那覇市に住む86歳の糸数千恵子さんが41歳以上が対象のエクセレント部門に出場し、準グランプリを受賞した。背筋がピンと伸びた立ち姿が高評価を得た。糸数さんは「まさか入賞するなんて考えもしなかった」と喜んだ。

ミセス・オブ・ザ・イヤー2020沖縄大会受賞者ら。(右から)平敷里美さん、糸数千恵子さん、向井奈緒さん、ヤング裕佳さん、那須幸乃さん、池尻夢さん、柳愛実子さん=1日、那覇市松尾、Kafu-C Ryukyu(大会事務局提供)

立ち姿が高く評価された86歳の糸数千恵子さん(中央)

ミセス・オブ・ザ・イヤー2020沖縄大会受賞者ら。(右から)平敷里美さん、糸数千恵子さん、向井奈緒さん、ヤング裕佳さん、那須幸乃さん、池尻夢さん、柳愛実子さん=1日、那覇市松尾、Kafu-C Ryukyu(大会事務局提供) 立ち姿が高く評価された86歳の糸数千恵子さん(中央)

 モデルの発掘育成をしているアイビー・エンタテイメントの西村紗江子社長が初めて主催。出場者はTシャツやロングドレスを着て、ウオーキングやポージングをし、歩く姿勢やたたずまいの美しさを競った。糸数さんのウオーキングを見た大会事務局の津波真澄さんは「とても80代には見えなかった」と驚いた。

 高く評価された立ち姿の秘訣(ひけつ)は30年以上続けている運動だ。「何よりも継続が大事だ」と那覇市内のスポーツジムで週2回、マシンを使ったトレーニングや水泳、ヨガを続けている。糸数さんは「人生100年時代。運動を続けて、まだまだ人生をエンジョイしたい」と笑った。

 20~40歳が対象のビューティー部門はヤング裕佳さん(39)がグランプリ、那須幸乃さん(28)が準グランプリ、柳愛実子さん(27)と池尻夢さん(28)が次点のアンバサダー、エクセレント部門は向井奈緒さん(50)がグランプリ、平敷里美さん(54)がアンバサダーに選ばれた。受賞者は22日の全国大会に出場する。