米軍施政下の1954年に起きた沖縄刑務所暴動事件は受刑者の人権侵害が原因だった、と認める70年作成の琉球政府公文書が見つかった。「受刑者を人間あつかいしていない」などと劣悪だった待遇を率直に認めている。