大弦小弦

[大弦小弦]〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す…

2016年10月13日 07:57

 〈金(きん)は火で試す。女は金(かね)で試す。男は女で試す〉。米国のことわざにある。本質を探りたければ、その弱点を突くのが近道だという意味である

▼それに倣い、安倍政権は、〈翁長雄志知事は高江で試す〉ということなのだろう。北部訓練場の年内返還の方針を「歓迎」と評価した自身の発言で、事実上の撤回に追われる知事の姿を見て思う

▼国家権力による圧力の「火」にも動じない。振興策を絡めた「金」で揺さぶっても乗ってきそうもない。政府交渉でも毅然(きぜん)と臨む翁長知事にとって、「高江」が唯一とも言えるアキレス腱(けん)と映ったのだろう

▼確かに、東村高江のヘリパッド建設に対する知事の言動は分かりにくい。オスプレイ配備撤回を唱えながら、工事強行に「遺憾」と批判しても、建設反対とは明言していないからである

▼知事自身、「矛盾」していると認めて「沖縄の抱えている厳しいところだ」と言うが、やはり言葉が足りない。どんな強固な「一枚岩」も、小さな亀裂を放置すると、やがて亀裂は広がり、静かに壊れていく。それを避けたいなら、丁寧に説明してもらうしかない

▼為政者の心得を表した格言に「よりよく統治するには分断せよ」とある。いまだ歯切れの悪い翁長知事の言葉に、「知事、その調子その調子」との声がどこからか聞こえてくる。 (稲嶺幸弘)

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS