12日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖で遊泳中の米軍関係者の男性2人が流されたと、憲兵隊から中城海上保安部へ通報があった。

男性らの救助のため海岸に集まる消防、救急隊員ら=12日、名護市・辺野古

 中城海保などによると、男性1人は沖合いで海保が救助、もう1人は自力で岸まで泳いでたどりつき、いずれも無事だった。

 現場を見ていた漁師によると、男性1人はブイに捕まっており、海上保安庁に救助された。もう1人は岸まで泳いでいて救助された。