沖縄タイムス+プラス ニュース

オリバー・ストーン監督の映画「天と地」 原作者が沖縄・高江を訪問

2016年10月13日 12:00

 ベトナム戦争経験者で、オリバー・ストーン監督の映画「天と地」の原作者、レイ・リー・ヘイスリップさん(66)が12日、沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設への抗議が続くN1地区出入り口前を訪れた。「戦争の苦しみを繰り返さないため、平和のために皆さんと頑張りたい」と呼び掛けた。

抗議集会であいさつするレイ・リー・ヘイスリップさん=東村高江

 ヘイスリップさんはベトナム中部の村に生まれ、12歳の時にベトナム戦争を経験。米兵やベトナム兵からスパイ容疑をかけられ、拷問を受けた経験などを小説に書き、「天と地」の原作となった。

 初めて高江を訪れたヘイスリップさんは「昔のベトナムのように戦争になったら、犠牲になるのは一般市民。戦争につながる軍事基地ができるのは良くない。一緒に声を上げたい」と語った。

 この日は大規模行動日で、市民300人以上が集まった。N1出入り口への資材搬入はなかった。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS