沖縄県警は13日、県内の警察署留置施設内で勤務中、当時勾留されていた女性に自慰行為を見せる卑ひわいな行為をしたとして、男性巡査長(41)を那覇地方検察庁に書類送検し、同日付で停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性巡査長は行為を認め、同日付で依願退職した。

沖縄県警

 同日、県警本部で会見した与那城武首席監察官は「県民におわび申し上げる。事案を真摯(しんし)に受け止め、職員の身上把握・指導を一層徹底し、再発防止に努める」と陳謝した。

 県警によると、同巡査長が留置施設の看守勤務をしていた16年12月中旬の夜間から朝にかけ、当時勾留されていた女性に格子越しに自慰行為を見せた。今年5月に女性から警察に相談があり、発覚した。

 女性と同巡査長は、巡査長が看守勤務をする中で知り合い、以前からの面識はない。調べに対し「女性が自分に好意を寄せていると思い込んでいた」と話したという。

 同巡査長の処分について県警は「事実関係に即して適切に対応した」と説明。退職金は現在差し止め中で、起訴されて禁錮刑以上が確定した場合は支払われない可能性があるという。

 また、県警は同様の事案が起こらないよう、今年10月1日から勤務体制を見直したと発表した。男性看守しかいない留置施設で女性を留置する場合、女性看守を配置し男性看守が女性留置者と一対一にならないように配慮するという。