自民党宮古島市支部の平良敏夫支部長らは13日、下地幹郎衆院議員(59)=無所属=の自民党復党を求める要請書を県連へ提出した。2年後の知事選での県政奪還に向け「自民、公明に下地氏の勢力を加え保守が大同団結して臨むべきだ」と訴えた。 宮古島の保守系議員OBらも同行し、復党を要求。