沖縄署は12日、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、米軍トリイステーション所属の2等兵(22)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。追突事故を起こし、酒気帯び運転が発覚した。同署によると「事故を起こしたのは確かだが、酒を飲んで運転していない」と容疑を否認している。

(資料写真)パトカー

 逮捕容疑は12日午後8時ごろ、沖縄市南桃原の県道24号で酒気を帯びて普通自動車を運転した疑い。

 追突事故の通報を受け、警察官が現場に駆け付けてアルコール検知をしたところ、基準値の5倍を超えるアルコールが検出された。