東南植物楽園(沖縄市知花)で開催中のイルミネーション「ひかりの散歩道」がこのほど、夜景観光の推進に取り組む「夜景観光コンベンション・ビューロー」(東京都)とチケット販売大手ぴあ主催の「第8回イルミネーションアワード」のイルミネーション部門7位に選ばれた。県内から同アワードのトップ10に入るのは初めて。

第8回イルミネーションアワードのイルミネーション部門7位に選出された、東南植物楽園の「ひかりの散歩道」(同園提供)

 同園は2019年に、同アワードでYCVB特別賞(主催者特別賞)を受賞。「日本夜景遺産」のライトアップ夜景遺産にも認定された。

 長田奈美江マネージャーは「スタッフ一丸となって継続してきた取り組みが評価されてうれしい。今後もさらに上位を目指したい」と喜んだ。 同園のイルミネーションは昨年の180万球から過去最多の280万球に増量。来年5月9日まで開かれている。