企業情報をコンピューターウイルスで暗号化し「身代金」を要求するサイバー攻撃の被害が日本企業でも目立ってきた。ゲーム大手カプコンでは、犯人側が社内文書や個人情報を匿名性が高いインターネット空間で次々と暴露し金銭を支払うよう揺さぶりをかけている。