琉球銀行(川上康頭取)は14日、老朽化により来年1月中旬から解体工事が予定されている那覇市久茂地の本店ビルで、一般向け内覧会を開いた。米軍統治下の1966年5月、筆頭株主だった米国民政府が主導して建てた歴史的な建物を一目見ようと、建築関係者らも多く参加した。 ビルの特徴の一つがアーチ型の窓。