人工呼吸器の作動する音が室内に響く。千葉県八千代市の自宅のベッドで、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患う医師の太田守武さん(49)は、眼球の動きやまばたきを駆使して、言葉を紡いでいった。 「あ行、あ、い。さ行、さ、し。