沖縄タイムス+プラス プレミアム

在沖米軍による水道汚染を記者が講演 主催した大学に米大使館が抗議

2020年11月16日 08:33有料

 在日米国大使館が2017年、ジョン・ミッチェル本紙特約記者の講演を企画した東京の米国系大学に、抗議を申し入れていたことが分かった。講演のテーマは在沖米軍による有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)汚染だった。大学関係者は「学問や表現の自由に対する前例のない攻撃であり、憤りを覚える」と指摘した。

追跡 日米地位協定と基地公害――「太平洋のゴミ捨て場」と呼ばれて
ジョン・ミッチェル
岩波書店
売り上げランキング: 83,373

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間