沖縄タイムス+プラス プレミアム

「女性を見つめると逃げられた」琉球王朝末期の風情 仏の軍人がつづる

2020年11月16日 07:39有料

 フランスの巡洋艦ラクロシュトリ号(アンリ・リウニエ艦長)で1877年来琉し、最古とみられる首里城正殿の写真を撮影したというフランスの海軍中尉ジュール・ルヴェルトガは、帰国後の82年に紀行文「琉球諸島紀行」を発表した。琉球側高官と懇談する様子や那覇の街の風情、首里城のたたずまいなどがつづられている。

連載・コラム