15日午前11時10分ごろ、国頭村楚洲の畑で「ショベルカーに女の子がひかれた」と119番通報があった。名護署や国頭地区行政事務組合消防本部によると、国頭村に住む小学3年の女児(8)が畑作業中だった小型ショベルカーにひかれた。

(資料写真)パトカー

 女児は心肺停止の状態で沖縄本島南部の病院に救急ヘリで搬送されたが、同日午後1時2分、死亡が確認された。

 名護署によると、女児は複数の親族らと芋を掘る作業をしていた。ショベルカーに芋を積み込む作業をしていた際、走行用ベルトに巻き込まれ、ひかれたという。署は運転していた人物の特定や事故原因などを詳しく調べている。