1964年7月、米国統治下の沖縄に聖火が到着し那覇空港や各地で大歓迎されました。しかし、同年末から65年にかけて風しんが大流行し408人ものCRS(先天性風疹症候群)が報告されました。