沖縄タイムス+プラス ニュース

1万円分の食事券が8000円で GoToイート「プレミアム付き食事券」県内発売

2020年11月17日 17:00

 新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが減少した飲食店を支援する国の「Go To イート」事業で、購入額に25%分を上乗せする「プレミアム付き食事券」の販売が17日午前10時から県内で始まった。運営事務局によると、すでに450の店舗が登録済み。順次申請を受け付けており、利用可能店舗は月内には約千店舗に増える見通し。

Go To イートのプレミアム付き食事券の販売開始をPRするJTB沖縄の砂川健二旅行営業部長(中央)ら=16日、沖縄タイムス社

 食事券は紙と電子の2種類で1月末まで販売する。紙は専用ホームページ(HP)「Go To Eatキャンペーンおきなわ」から事前申し込みが必要。手続き後、紙の食事券は沖縄ファミリーマート店内の「ファミポート」で購入できる。電子の食事券は同HP内からカード決済で取得できる。

 販売価格は紙が8千円と1万6千円、電子5千円~2万円で、それぞれ25%分のプレミアムが付く。来年3月末まで利用でき、県内では60億円分を発行予定。沖縄ファミリーマートによると、15日までに6565件の事前申し込みを受け付けた。

 飲食店の登録は来年1月末までで、同HPから申し込める。感染予防対策の徹底を宣言した店舗に県が交付する「シーサーステッカー」の整理番号や身分証明書、営業許可証の写しなどを提供する必要がある。

 共同事業体を構成するJTB沖縄などの担当者らが16日、沖縄タイムス社を訪れ、事業開始や登録店舗の感染予防対策などをPR。「予算を使い切って県内の飲食関係事業者の活性化につなげたい」などと意気込んだ。

連載・コラム
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間