沖縄防衛局は17日、名護市辺野古で進める埋め立て工事を巡って移植した希少なオキナワハマサンゴのうち1群体が死滅したと明らかにした。原因は「定かではない」としている。