17日に開会した那覇港管理組合議会は、那覇港湾施設(那覇軍港)の移設問題で、組合執行部が異なる答弁をする異例の展開となった。背景には組合を構成する県、那覇・浦添両市の思惑がある。 組合トップの管理者は県の玉城デニー知事。副管理者は組合の常勤者に加え、那覇、浦添両副市長が務める。