沖縄コンベンションセンターで14日開幕した第30回トータルリビングショウでは、初参加11企業を含む住宅関連54社が出展。バーチャルリアリティー(VR)やスマホなど先端技術を生かしたサービスで顧客満足度を高め、新たな暮らし方を提案するブースがあった。