沖縄オペラアカデミー(黒島舞季子代表理事)はオペラと朗読のコラボレーション「蝶々夫人」を28日午後3時と7時、那覇市のパレット市民劇場で上演する。 プッチーニ作曲の名作オペラをコロナ禍に対応し、出演者を極力絞った形で上演する。朗読をはじめ、プロジェクションマッピングを活用するなど工夫を凝らした。