沖縄署は20日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで米空軍嘉手納基地所属の2等軍曹(26)を現行犯逮捕した。呼気から基準値約3・5倍のアルコールが検知された。「何も話したくない」と供述している。

沖縄県警

 逮捕容疑は19日午後11時40分ごろ、北谷町美浜3丁目の町道で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

 署によると右折しようとした同容疑者の乗用車と、対向から直進してきた2人乗り125ccバイクが衝突、バイクに乗車していた男子高校生2人は転倒し頭部や足にけがを負った。

 署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑でも調べている。