世界を読み解くニュース・サロン

[山田敏弘ITmedia]

 米大統領選の勝者が11月7日にほぼ決定してから、いまだにドナルド・トランプ大統領は敗北を認められずにいる。とはいえ、12月8日に各州で選挙人が確定し、12月14日には選挙人らの投票によって次期大統領が決定するスケジュールに変更はない。トランプ大統領に残された時間はあまりない。

 世界的にも大きな注目となった大統領選挙だったが、コロナ禍ということもあって、現地ではこれまでになかったような選挙戦が繰り広げられていた。特に、オンラインによる選挙戦が史上最も活発だったといわれている。

 日本では、10月にジョー・バイデン候補が任天堂のオンラインゲーム「あつまれどうぶつの森」の中で選挙本部を作ったというニュースが報じられて話題になった。

米大統領選挙をも左右する「オンライン活動」。どのような手法なのか(写真提供:ゲッティイメージズ)

 ただこの取り組みは、バイデン陣営のオンライン戦略のほんの一例にすぎない。あまり報じられていないが、実はバイデン陣営は大規模なオンライン選挙戦を繰り広げており、その活動がバイデン勝利に大きな要素となったのである。選挙戦のほとんどはオンラインで行われたとすら分析されている。

 米メディアには、「バイデンの選挙キャンペーンは、まるでビンテージのコルベットに新品のエンジンが付いているかのようで、その車でオフロードを疾走しているモンスターのようなトラックとカーレースをしているかのようだ」と書いていたところもある。

 サイバー空間とは切っても切り離せなくなった現代。未曾有のコロナ禍における選挙戦で、いかにオンラインによる活動が米大統領選の勝敗を左右したのかについて追ってみたい。その大規模で緻密な戦略は、企業活動などにも参考になる部分がありそうだ。