JAおきなわ(普天間朝重理事長)は20日、人気バンド「かりゆし58」を「おきなわの花」アンバサダーに任命した。新型コロナウイルスの影響でイベントなどが中止になったことを受け、花卉(かき)類の価格が大幅に下落していることから、「おきなわ花と食のフェスティバル」などのイベントで、消費拡大をPRしてもらう。任期は1年間。

「おきなわの花」アンバサダー就任式で「電照菊」を披露したかりゆし58のメンバー=20日、那覇市・JA会館

 ドラム担当の中村洋貴さんの実家がキク農家であることや、代表曲「電照菊」が沖縄のキクを連想させる曲になっていることからアンバサダーに起用した。

 同日、那覇市のJA会館で開かれた就任式で、かりゆし58が「電照菊」や「オワリはじまり」を演奏。ボーカル担当の前川真悟さんは「中村の実家の畑でPV(プロモーションビデオ)を撮影したりと、キクにはゆかりがある。全国の人に農家が手塩に掛けて育てた沖縄の花を届けられるように、アンバサダーとして頑張っていく」と抱負を述べた。

 普天間理事長は「コロナでダメージを受けた花卉のイメージアップのために、『電照菊』でゆかりのあるかりゆし58の力を借りて、消費拡大、農家所得の向上を目指したい」と話した。