【名護】市内の介護老人保健施設に通う新城ヨシさんが数え100歳を迎え、18日に同施設で行われた誕生日会で通所仲間ら約30人から祝福を受けた。ピンクのかすり衣装に身を包んだ新城さんは、「通所する人はみんな友だち。楽しい」と笑顔で話した。

誕生日会で唐船ドーイのカチャーシーを踊る新城ヨシさん=18日、名護市屋部

 誕生日会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、席の間隔を空けて行われた。

 小さなケーキに立てられたろうそくを一気に消して大喜びの新城さん。同施設ではリハビリのほか千羽鶴を折って楽しんでおり「動けることは何でもやる。皆さんも私のように元気に長生きしてください。今日はありがとうございます」と感謝を述べた。

 通所仲間の金城正和さん(70)は「ヨシさんはカラオケが好きで特に民謡が大好き」と話し、お祝いの言葉の代わりに職員の三線に合わせて自慢の喉で「祝い節」と「唐船ドーイ」を歌った。唐船ドーイでは新城さんも踊って場を盛り上げた。

(玉城学通信員)