立憲民主党の枝野幸男代表は23日、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添ふ頭への移設計画に関し、容認の立場を明確にした。那覇市内で本紙のインタビューに答えた。枝野氏は現行計画は地元合意があるとし「地元の合意を尊重するべきだという立場だ」と述べ、容認姿勢を示した。立民が那覇軍港の移設問題で賛否を明確にしたのは初めて。

沖縄タイムスのインタビューに答える立憲民主党の枝野幸男代表=23日、沖縄ハーバービューホテル

 一方、立民県連関係者は「県議会内でも賛否は割れている。県連は発足したばかりで、改めて県連内の意見を集約していきたい」と慎重な姿勢を示した。

 また、枝野氏は2月投開票の浦添市長選で軍港移設反対の候補者が勝利した場合の対応を問われ「基地問題は地元の合意が前提だ。状況の変化があれば、まずは県連で対応を検討していくことになる」と述べ、市民の反対の民意が示されれば方針を転換する可能性に含みを持たせた。