日本芸能実演家団体協議会は24日、新型コロナウイルスで打撃を受けているアーティストの支援事業の「エール・アンバサダー」(応援大使)に、シンガー・ソングライターのユーミンこと松任谷由実さんが就任したと発表した。松任谷さんは「ライブをあきらめない意思が必要」と訴えた。

 アーティストの支援事業の応援大使に就任した松任谷由実さん=24日午後、東京都内

 事業は文化庁の委託を受けて8月に始まった。地域の伝統芸能団体や劇団、学生などによる公演の会場代や人件費を支援している。

 松任谷さんは報道向け説明会に出席。自身も一時期はやる気をなくしていたと明らかにした上で「全国にたくさんの表現者やスタッフがいる。身をていしてできることをしたい」と強調した。(共同通信)