政府は24日、観光支援事業「Go To トラベル」の対象から札幌、大阪2市を一時除外すると正式決定した。新規予約は24日から12月15日まで3週間停止。予約済み旅行は12月1日現地着分まで割引を有効とし、それ以降は無効になる。利用者にキャンセル料の支払いは求めず、国が宿泊施設や旅行業者に代金の35%を補償する。2市を出発する住民の旅行は割引を認めるが、全国知事会は制限を検討するよう政府に求めた。

 菅首相との協議を終え、取材に応じる赤羽国交相=24日午後、首相官邸

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置。感染者数が多い東京都の扱いを巡っては、小池百合子知事と菅義偉首相が官邸で会談したが、結論を持ち越した。(共同通信)