新型コロナウイルスの影響で、教員の業務負担が増している。消毒作業や学習遅れの挽回、3密(密閉、密集、密接)対策など負荷は高まるばかり。子どもと対話する時間が失われる懸念もあり、専門家は「教員の疲労は、子どもの健康や成長へのリスクになり得る」と警鐘を鳴らす。