沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄の海岸に鮮やかな首里城が復活 誰がどう作った?

2020年11月25日 08:13

 第15回平宮護岸アートコンクール(主催・市教育委員会、共催・沖縄石油基地)が15日、うるま市与那城平宮で開かれた。市内の小中学校から参加した20チーム約100人が「ありがとう~今頑張るすべての人へ感謝と応援を絵にしよう~」のテーマでイラストを描き、護岸を彩った。

平宮アート賞を受賞した南原小学校「首里城復活」チームのメンバー=15日、うるま市・平宮護岸

 子どもたちは顔や手をペンキまみれにしながら、縦1.8メートル、横4メートルの枠に協力してのびのびと筆を走らせた。

 最高賞の平宮アート賞には南原小学校の「首里城復活」チームが選ばれた。同チームの仲村昊粋さん(9)は、「首里城復活を願い頑張っている皆さんへ感謝の気持ちを表したかった。疲れたけど楽しかった」と話した。賞金3万円は首里城再建のため寄付するという。(与古田徳造通信員)

連載・コラム