「第21回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」小学生高学年の部で、海を泳ぐジンベエザメやウミガメの姿をカラフルに描いた那覇市立金城小学校5年、臼杵(うすき)翼さんの作品が全国2位に当たる海上保安協会会長賞を受賞した。

海上保安協会会長賞を受賞した臼杵翼さんの作品(提供)

 海洋環境の保全に向けた普及・啓発を目的に実施。全国の小中学生から3706点の応募があった。

 臼杵さんは「キラキラした魚やサンゴが楽しくいつまでも過ごせる海であってほしいと思いながら描いた」とコメントした。

 第11管区海上保安本部は21日、那覇市内で表彰式を開き、臼杵さんの他、県内小中学生12人を表彰した。