プロ野球ドラフト会議で楽天から4位指名された亜大の内間拓馬投手(22)が24日、出身地の本部町と母校の宜野座高校を訪れ、「プロで活躍し、地域や学校に恩返しがしたい」と決意を語った。 小中高時代は目立った成績を残せなかったが、亜大で才能が開花。3年の時には侍ジャパン大学代表にも選出された。