「桜を見る会」前日の夕食会で、安倍晋三前首相の後援会が費用の一部を補填(ほてん)した疑いが再浮上している。桜疑惑を最も早く報じたのは、共産党の機関紙「赤旗」の日曜版だった▼大手メディアは「年中行事だから」と深掘りせず、見過ごした。