【モスクワ共同】米海軍第7艦隊は24日、ミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が同日、ロシア極東ウラジオストク沖のピョートル大帝湾近くの日本海で「航行の自由」作戦を行ったと発表した。これに対しロシア国防省は「容認しがたい」領海侵犯があったと発表した。米艦は2018年にも同湾付近で作戦を行った。