立憲民主党の枝野幸男代表は23日、那覇市内で本紙取材に応じ、名護市辺野古の新基地建設問題解決に向け米側と「辺野古新基地は不要」との共通認識をつくることに意欲を示した。また、沖縄振興計画の継続の必要性を訴えた。県内政界では現存する「オール沖縄」の枠組みを尊重し、共闘する考えを明らかにした。