○…日本建築家協会沖縄支部の金城優副支部長らから、首里城復興の寄付金を託された謝花喜一郎副知事。「首里城が焼失した日は、強い消失感を感じた」と肩を落とした。首里城火災から1年たったと振り返り、「全国から励ましの言葉を受けて、前を向いて歩き始めている」と感謝を述べた。